プリアンプ

一年ぶりに更新です。

今日は動画ではなく機材についてのお話です。

というのも・・・


ついに完成しました!!完全自作のプリアンプです。

プリアンプ


プリアンプ斜め

プリアンプ背面


2CH仕様の5バンドEQ。ステレオエフェクトリターン。ステレオバランスアウト等、自分がアコギのプリアンプに求める機能をできるだけ詰め込んだ仕様になっています。

これらの仕様を全て満たしているプリアンプというのが無く、無いなら作ってしまおう!というところから始まり、最初はLRバッグスのパラアコを2つ使ってミキサー回路だけを自作して・・・とか考えていたのですが、せっかく自作するのであれば全て一個の機材でできるようにしたかったのでこのような形になりました。

以前の機材は、貼りピエゾ+マグでそれをPHONICの小型ミキサーで音を作り最後にリバーブ(RV-7)に繋ぎ会場のミキサーへ、という方法で音を作っていたのですが、この方法ではいくつか不満がありました。

フォニック
PHONICのミキサー

まずこの手のミキサーはラインで受けをする場合、入力インピーダンスが数kΩとパッシブタイプのピックアップを受けるには少々低く、特にピエゾでは低音がスカスカになるという現象が起こってしまいます。
そこでその低音不足を補おうとマグを混ぜることになるのですが、元々マグの音色があまり好きではなくこれもシステムから外したいと思っていました。

そこでしっかりと高いインピーダンスで受けてくれる機材を探すわけですが、2CH仕様でそれぞれにEQをかれられる機材となるとかなり限られてきます。さらにステレオのエフェクトリターン、バランスアウトを備えた機材というのは僕が探したなかでは見つかりませんでした。

ちなみにアクティブタイプのピックアップを使えば大体の問題は解決しそうですが、システムの中に電池を使用するものを使いたくないという非常にめんどくさいこだわりがあるためアクティブピックアップは最初から考えて無かったですww(演奏中に電池残量を気にしだすと演奏に集中できなくなるのです)

結局、ピックアップ側でEQ補正をかけるか足元の機材でかけるかの違いだけだと思います。電池を使いたくない(アクティブピックアップを使わない)のであれば、パッシブでなるべく理想の音に近い音が出るようにしてその音を少しだけ足元の機材で加工する方法がいいように思います。

そして今のピックアップは貼りピエゾ+ダイナミックマイクになっています。ダイナミックマイクは非常に出力が弱いのでギリギリまでトップ板に近づけるようにし、バランスアウトにすることでなるべくノイズ量を減らすようにしています。ですので当然プリアンプの入力側もバランス受けにしています(CH2のみ)。
それとなぜコンデンサマイクにしないかといいますと、過去自作のコンデンサマイクでライブをしていたところ、どうしてもハウリ気味になりがちで結局ほとんどコンデンサマイクの出力は切ることが多かったためです。ダイナミックマイクのほうがハウリングに強いし、マイクの持つおいしい帯域を出すことが容易なためダイナミックマイクを選択しました。

ともあれこれで最小限の機材で理想の音が出せるようになった訳です。
でもノイズ量に関してはまだまだ改善の必要がありそう・・・

まだまだ書きたい事があるけど、とりあえずこの辺で。

お久しぶりです

アップしました。

前回に引き続きTrevor Gordon Hallです。
この人の曲は特に展開が素晴らしいと思います。5分を超えるような(アコギインストにしては)長い曲でも、展開のよさで長さを感じさせないです。

今回はほとんどコンプをかけずに仕上げています。マイクもRODE NT-1AのLR2本のみとシンプルにしています。
最近よく思うのが、右手のタッチやマイクの位置など単純な要素で音を作っていくほうが最終的に良い仕上がりになるということです。当たり前のような事のように思うかもしれませんが、DAWなどでミキシングしていくと忘れがちになります。

初心を忘れずに。

今年最後です

今年最後です



今回の選曲はつい先月ほどにCANDYRATに登場したTrevor Gordon Hallの曲から。

この人、動画をみるとギターに直接カリンバを付けるというなんとも変態系の香りしかしませんがwその実楽曲はとても温かい音色と雰囲気に包まれていて、メロディックな感じです。

カリンバも飛び道具的に使うのではなく、しっかりと楽曲の一部になっているように思います。

とにかく曲がいいので何曲かコピーしたいと思います。

さて今回からまた新たな機材を導入してます。

こちらです
UR28M


今年9月に発売されたSTEINBERGのUR28Mというオーディオインターフェイスです。
プリアンプの評判が良かったのと、付属プラグインがかなり良かったので。
特にリバーブはYAMAHAの名器SPXシリーズのものということでお店で音を聞いてすぐに決めてしまいましたw

プリやADCなんかに関しては他にあまりインターフェースを試した事がないのでなんとも言えないのですが、良いと思います(小学生並みの感想)

スピーカーを3セット繋いでボタン1つで切り替えられる機能など、便利そうな機能がいくつかありますが僕の使用する環境ではまだまだスペック過多な気がしますw

まあ、ゆっくりと使い慣れていこうと思います。

ジョーシン

今回はこれです。



何気に好きな曲ですw

そして今回使ったギターは最近購入したLARSON BROSのPrairie State OM Style2 ESというモデルです。

サイドバックがローズのモデルです。丁度今メインのフォルヒがスーパージャンボなので二つ使い分けていこうと思います。

アレンジ

投稿しました。


久しぶりにアレンジしました。

FF10からの選曲です。

というかもう10年も前の作品なんですね。月日が経つのは早い

当時やりこみまくったゲームだけに思い入れも強い作品です。


アレンジに関しては一からでは無く出版されているFFのソロギターの譜面を基に少し変えています。
あとテンポの揺らし方等はピアノコレクションの演奏を参考にしています。


楽器、機材に関してはステレオのマイクとサウンドホール内のマイクをMIXしています。
DAWもバージョンアップしてCubase Elements 6 64bit になりました。(あんまり録り音には関係ないかもw)

内蔵マイクが良い低音感を作り出していると思います。
マグとはまた違う低音感がこの曲にはマッチしていると思います。

また何かアレンジもので投稿できればと思います。
プロフィール

岡田ペトルーシ

Author:岡田ペトルーシ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード