使用機材(2)

前回の続きです。今回は僕がいつも録音の時にやっていることや思っていることを書きます。あとひとつ注意なのがここで書くことはあくまで僕が思っていることなので、みなさまが思っている事と違っていてもふーんくらいに聞き流していただければ結構かとw

まずマイクのセッティングですが、ここはMTRの入力ゲイン設定と合わせて一番大事な所です!ここでミスるとこの後どうがんばってもいい音にしづらいです。特に僕の場合コンデンサマイク2本でのステレオ録りなので(しかも違う種類のマイクなので)2本のマイクの位置を決めるのが難しいです。で決め方ですが僕の場合このような位置関係で置くようにしています。
マイク
二つのマイクからのギターの距離は大体30~50cmという具合でしょうか(もっと離すかも)。曲のイメージによって変えていきます。ギターの位置は二つのマイクの中心にサウンドホールがくるようにして、マイクの向きはサウンドホールを狙うように(少しだけ外したほうがいいかも)します。また2つのマイクのギターに対する距離はできるだけ同じにします。そうしないと位相が狂ってしまうからです。
そして二つのマイクの音はMTRのインプットゲインによって音量が決められます。まず二つの音声をLRで振ってそれからゲイン調整でLRがおなじ音量になるようにします。ここでゲイン調整を誤ると録音後にフェーダーで音量を調整してもうまくいかないので気をつけます。またこのときギターの生音も聞こえて調整しづらいので録音して確認しつつやるのがいいでしょう。当然ですがヘッドホンでモニターします。

ここまでしっかりできていればもう後はほとんどいじらなくてもいい音になっていますが、録音後に味付け程度にエフェクトをかけます。ちなみに僕は録りの際にはエフェクトをかけません。というかMTRのエフェクトがしょぼすぎて使えませんww
と、ここまで書くのに予想以上に時間がかかりすぎたので今日はここまででエフェクトの話はまた今度ということで 。PHANTOMと咲を見てから寝ますwでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

岡田ペトルーシ

Author:岡田ペトルーシ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード